21世紀の夢の創造
 皆さんの夢はなんでしょうか。

 これまでの人類は科学技術の発達によって、様々な夢を実現してきました。テレビ、コンピュータ、自動車、ロケットなど、20世紀には数多くの製品が開発され、私たちは文化的生活を送れるようになりました。これらの技術を支えてきたのが工学です。大学の魅力は”知の創造”にありますが、それを人類の発展に貢献できる技術として完成させるために必要な学問が工学なのです。”知の創造”、”知の蓄積”、”知の体系化”、”知の継承”を有機的につなげて21世紀の社会の最適指針を見いだし、自然環境に調和した全人類のための豊かな未来社会を創造することが工学系研究者、技術者に求められています。

 我が国では、科学技術が将来の重要な基盤となりますが、これからは独創的な技術開発が重要となります。独創的な仕事は楽しいことです。世界中で誰も出来なかったこと、誰も知らないことを探求するわけですから、こんな魅力的なことはありません。前人未踏の頂に立つようなものですし、真っ白なキャンバスに絵を描くようなものです。自らの興味を追求し、全世界の人類に貢献できる成果に繋げていくことがこれからのエンジニアの使命です。また、社会はグローバル化し、産業も環境問題も地球規模で捉えられるようになりました。私達は、世界を見据えて、人間の幸福とは何かといったような根本的な視点から産業を見直し、新しい技術を開発する必要があります。

 群馬大学工学部では、こうした社会の要請にいち早く応えるため、高度な教育・研究組織の構築を行いました、。そして、世界のリーダーとしての自覚を有し、世界、日本、そして地域社会に貢献できる人材の育成に努めています。

 最後に、21世紀の宇宙船地球号の舵を取り、バラ色の新世界に到達するための船長はあなた自身です。皆さんの夢の実現のための基盤を本校学部で築き、全人類に貢献できる技術を世界に発信してください。