班員による学会発表情報

このページではプロジェクト班員による学会等での成果公開情報(今後の予定も含む)をお知らせしています。

<< H27年度 << H26年度 >> H25年度 >> H24年度 >> H23年度 >>
H26年:5月6月7月8月9月10月11月12月、H27年1月3月
学会・シンポジウムの名称
 (開催月・開催地)
発表タイトル 発表者 招待講演に
ついては明記
5月  (Topへ
第21回燃料電池シンポジウム、P18,2014年5月29日、タワーホール船堀、東京 固体高分子燃料電池におけるカソード用ナノファイバー触媒層の物質移動及び電荷移動 石飛宏和、吉田拓也、中川紳好
【優秀ポスター賞受賞】
CeO2含有カーボンナノファイバーを担体とするPtRu触媒に関する研究
國友ひかり、石飛宏和、中川紳好
PtRu/TECNF触媒を用いたDMFCの発電特性 塚越陽介、石飛宏和、中川紳好
第9回日本分子イメージング学会学術大会,横浜,2014年5月23日 要旨集,p. 133 (2014). ミトコンドリア局在性を示すカチオン性イリジウム錯体の開発および生細胞イメージング 吉原利忠、村山沙織、菊池俊毅、飛田成史
ゲートICCDカメラを用いたりん光寿命計測に基づくin vivo酸素イメージング 畠山泰典、増田剛、高橋一平、吉原利忠、穂坂正博、竹内利行、飛田成史
International Conference on Fluorine Chemistry 2014 Yokohama (Japan), (2014)Tokyo (ICFC), An Efficient Synthesis of Fluoroalkyl-Substituted Phthalides M. Inaba, S. Shinada, Y. Nishina, and H. Amii
Decarboxylative Transformations for the Synthesis of gem-Difluoromethylene Compounds H. Kimura, E. Tomizawa, and H. Amii
Advanced Nanoparticle Generation and Excitation by Laser in Liquids (ANGEL) 2014, May, Matsuyama (Japan), (2014) Preparation of blue-emitting colloidal Si nanocrystals by laser ablation of porous silicon in liquid T. Nakamura, Z. Yuan, S. Hashimoto, and S. Adachi
第3回JACI/GSCシンポジウム, 東京, 2014年5月23日 (2014). β-炭素脱離による触媒的芳香族ペルフルオロアルキル化の開発 小茂田和希、清水直人、網井秀樹
6月  (Topへ
The Seventh Tokyo Conference on Advanced Catalytic Science and Technology (TOCAT7), June, Kyoto (Japan), (2014). Synthesis and Photocatalytic Activity of Nb-doped Titanias with Rutile Structure S. Noguchi and S. Iwamoto
Carbon2014, Jeju Korea, June 29 – July 4, 2014 Preparation of N-Containing Carbons from Wool and Their Catalytic Activities for Oxygen Reduction Reaction Machiko Takigami and Jun-ichi Ozaki
Electric Double Layer Capacitor Using Densified Seamless Activated Carbon Electrode. S. Shiraishi, Y. Endo, K. Onda, and H. Tsukada
Annealing Effect on Seamless Activated Carbon Electrode for Electric Double Layer Capacitor. K. Kamiya, Y. Endo, S. Shiraishi, K. Onda, and H. Tsukada
第16回化学電池材料研究会ミーティング, 東京, , 2014年6月17日要旨集, pp.23–24(2014). EDLC用シームレス活性炭電極に対する高温熱処理効果 神谷研、遠藤有希子、白石壮志、恩田公康、塚田豪彦
第41回生体分子科学討論会,福岡,2014年6月7日.  フルオロアルキル基を導入した両親媒性分子集合体の開発 園山正史 招待講演
第14回日本蛋白質科学会年会, 横浜, 2014年6月27日. リン脂質のアシル鎖の部分フッ素化による再構成バクテリオロドプシンの二次元結晶化の安定化 吉野賢、高橋浩、森田康平、高木俊之、網井秀樹、金森敏幸、園山正史
第24回日本光線力学学会学術講演会, 浜松, (2014). 光増感剤への活性制御機構の導入 堀内宏明・栗原亮太・狩野貴行・奥津哲夫
第25回記念万有仙台シンポジウム, 仙台, 2014年6月14日 (2014). フローマイクロリアクターによる含フッ素カルバニオンの非破壊的発生と応用 網井秀樹, 村田啓幸, 永木愛一郎, 吉田潤一
文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究」,感応性化学種が拓く新物質科学 第三回公開シンポジウム,O-1,2014年6月16-17日,つくば国際会議場(2014). ケイ素- 1 6 族元素多重結合性化学種が配位した錯体の合成と反応性 上野圭司、村岡貴子
第86回千葉地域活動高分子研究交流講演会, 市原, 2014年6月10日 (2014). ポリシランの合成, 構造, 性質に関する最近の研究の進展 久新荘一郎 招待講演
7月  (Topへ
Carbon2014, Jeju Korea, June 29 – July 4, 2014 Oxygen Reduction Activities of Ammonia-Treated Fullerene Soots. Naokatsu Kannari, Kumi Narizuka, Jun-ichi Ozaki
Structures and Oxygen Reduction Activities of Graphene Oxide Hybrid Catalysts. Takuya Maie, Saki Tsuboi, Jun-ichi Ozaki
第4回日独合同セミナー, 北海道, July 7-8, 2014 Selectivities of carbon alloy catalysts for PEMFC cathode Naokatsu Kannari, Takafumi Suzuki, Jun-ichi Ozaki
ORR activity enhancement of carbon alloy catalysts by carbonaceous additives Takuya Maie, Jun-ichi Ozaki,
New Hybrid Capacitor Using DischargedGraphite-Fluoride/Li Primary Battery (II) S. Shiraishi and H. Fujimoto
The XXVth IUPAC Symposium on Photochemistry, Bordeaux (France), (2014). Photophysical Properties of Cationic Iridium Complexes with Mitochondria Specifity and Their Intracellular Behavior T. Yoshihara, S. Murayama, T. Kikuchi, T. Takeuchi, and S. Tobita
INTRACELLULAR OXYGEN MEASUREMENTS BY USING PHOSPHORESCENT IRIDIUM(III) COMPLEXES S. Tobita, T. Yoshihara, T. Masuda, D. Fujikura, R. Kikuchi, M. Hosaka, and T. Takeuchi
第36回日本光医学・光生物学会,大阪, (2014) 光線力学療法に用いるシリル化光増感剤の開発 堀内宏明 受賞講演
第2回低酸素研究会,東京,2014年7月26日,(2014). ミトコンドリア局在性を示すカチオン性イリジウム錯体を用いた生細胞イメージング 吉原利忠、村山沙織、菊池俊毅、竹内利行、飛田成史
第36回日本光医学・光生物学会,大阪,2014年7月25日 要旨集,p. 41 (2014). 分子内エネルギー移動反応と内部変換過程を利用したサンスクリーンの開発 吉原利忠、木村知代、小野澤真美、飛田成史
14th International Conference on Nuclear Microprobe Technology and Applications, July, Padova (Italy), (2014). Development of embedded Mach-Zehnder optical waveguide structures in PDMS thin films by proton beam writing W. Kada, R. Saruya, H. Kato, A. Kubota, K. Miura, T. Satoh,M. Koka, Y. Ishii, T. Kamiya, H. Nishikawa, and O. Hanaizumi
The 26th International Conference on Organometallic Chemistry, July, Sapporo (Japan), (2014). Synthesis, Structures, and Reactivity of Gallyliron Complexes with Pyridine Ligand T. Muraoka, Y. Ishii, S. Nursaliha, and K. Ueno
Synthesis, Structures, and Reactivity of Base-Stabilized Silanone Complexes K. Ueno and T. Muraoka
A Gallacyclopentadienyliron Complex: Synthesis, Structure, and Coordination to Rh(h4-1,5-Cyclooctadiene) Fragment T. Nakashima, T. Muraoka, and K. Ueno
Theoretical Study for the Reactions of (Silyl)(Silylene)tungsten and –molybdenum Complexes with Ethylene Sulfide Y. Ishiguro, T. Kudo, T. Muraoka, and K. Ueno
Synthesis of Group 11 Metal Complexes Bearing New PS3-type Tripodal Tetradentate Ligand and Their Application to Catalytic Reactions N. Takeda, Y. Tomizawa, K. Tsuchiya, and M. Unno
Synthesis and Properties of Palladium Complexes Bearing PS3–type Tripodal Tetradentate Ligand R. Oma, Y. Kogure, F. Sakakibara, Y. Tanaka, N. Takeda, and M. Unno
Oxidation Catalyzed by Ruthenium Complex with New PS3-type Tripodal Tetradentate Ligand R. Mimaru, N. Uekusa, N. Takeda, and M. Unno
Synthesis and Reaction of an Oligosilane Building Block with a Branched Structure Y. Koyama, A. Tsurusaki, and S. Kyushin
Stereoselective Synthesis of 9-Alkenyl-10-alkynylanthracenes via Reductive Silylation and Desilylation Sequence D. Shitara, K. Kanno, and S. Kyushin
Synthesis of Unsymmetrically Substituted Oligosilanes via Catalytic Selective Monoreduction of Dichlorooligosilanes K. Kanno, Y. Niwayama, M. Ino, and S. Kyushin
Synthesis and Reductive Oligomerization of 1,1,2,2-Tetrachlorocyclohexasilane J. Kamiyama, A. Tsurusaki, and S. Kyushin
A Theoretical Study for the Reactions of (Silyl)(silylene)tungsten and -molybdenum Complexes with Ethylene Sulfide Y. Ishiguro, T. Kudo, T. Muraoka and K. Ueno
第26回万有札幌シンポジウム —有機合成化学の挑戦—,札幌, 2014年7月5日 (2014). 触媒的芳香族トリフルオロメチル化と関連反応 網井秀樹 招待講演
8月  (Topへ
JSPS-NRFK International Seminar between Japan and Korea in 2014, Aug. 25, Kiryu (Japan), 2014 Palladium nanoparticles supported on titania embedded carbon nanofiber for the direct formic acid fuel cell T. Aoyama, H. Ishitobi, N. Nakagawa P-5
Power generation characteristics of a DMFC using novel PtRu/TECNF catalyst Y. Tsukagoshi, H. Ishitobi, N. Nakagawa P-8
Comparison of cathode catalysts for direct alcohol fuel cell under the effect of permeated alcohol crossover M. Takamizawa, H. Ishitobi, N. Nakagawa P-11
Effect of the fiber length of PtRu/TECNF catalysts on MOR activity T. Takeuchi, Y. Ito, T. Tsujiguchi, N. Nakagawa P-13
第52回炭素材料夏季セミナー, 仙台, 2014年8月25日 要旨集, p.102 (2014). 電気二重層の高電圧充電によるガス発生とセル内圧力変化 相澤和成, 白石壮志
リチウムアセチリドによる脱フッ素化反応を利用した新規炭素材料の調製 小澤翔大, 白石壮志
電気二重層キャパシタ用シームレス活性炭電極への熱処理の効果 神谷研, 遠藤有希子, 白石壮志, 恩田公康, 塚田豪彦
18th IUPAB Congress, Brisbane (Australia), (2014). A Biophysical Study of Partially Fluorinated Phosphatidylcholine: Membrane Physical Properties and Reconstitution of Bacteriorhodopsin into Its Liposome M. Yoshino, H. Takahashi, K. Morita, T. Takagi, H. Amii, T. Kanamori, and M. Sonoyama
China/Japan Young Chemists Forum: Molecular Imaging for Chemical Biology, Beijing (China), (2014). Phosphorescent Molecular Probes for Imaging Oxygen Levels in Living Cells and Hypoxic Tissues T. Yoshihara 招待講演
第33回日本糖質学会年会 ワークショップ「糖質科学の横展開」, 名古屋,2014年8月10日. 「膜・タンパク質科学→膜タンパク質科学」への途:連携・融合・越境_~含フッ素リン脂質を利用した膜タンパク質研究の展開~ 園山正史 招待講演
The 17th International Symposium on Silicon Chemistry, August, Berlin (Germany), (2014). Some Useful Synthetic Reactions for Siloxanes M. Unno, N. Oguri, N. Kumazawa, K. Hayashi, N. Terashita, R. Nakajima, and N. Takeda 招待講演
Synthesis and Properties of Group 8 10 Metal Complexes Bearing New SiS3-type Tripodal Tetradentate Ligand N. Takeda, D. Watanabe, T. Ueda, T. Tomiuka, R. Shioya, Y. Komeda, S. Sakamoto, F. Kobayashi, and M. Unno
Development of Siloxane Bond Cleavage Reaction R. Shimada, N. Takeda, and M. Unno
Investigation on Reactivity of Fluorosilanes and Approach to Janus Cube via Fluorination of Cyclic Silanol N. Oguri, N. Kanzaka, N. Takeda, and M. Unno
Highly Efficient Modification Reaction of Monolayer Polysilane N. Oguri, N. Takeda, M. Ohashi, H. Nakano, and M. Unno
Relationship between Physical Properties and Siloxane Structures H. Endo, N. Takeda, and M. Unno
Chemistry of cyclotetrasiloxanetetraols H. Endo, N. Takeda, and M. Unno
Organosilicon Clusters Containing Octasilacuneane and Hexasilabenzvalene Skeletons S. Ishida, A. Tsurusaki, K. Otsuka, Y. Toma, C. Iizuka, and S. Kyushin 招待講演
26th International Symposium on Organic Chemistry of Sulfur, August, Istanbul (Turkey), (2014). Synthesis and Properties of Group 10 Metal Complexes with New SiS3-Type Tripodal Tetradentate Ligands Y. Komeda, T. Tomiuka, N. Takeda, and M. Unno
International Conference on Nanostructured Materials for Health, Energy, and Environment, August–September, Flic-en-Frac (Mauritius), (2014). Recent New Synthesis and Applications of Cyclic Silanols M. Unno, H. Endo, C. Kuramochi, and N. Takeda
第30回若手化学者のための化学道場(有機合成化学協会中国四国支部主催),岡山, 2014年8月29日 (2014). 触媒的芳香族トリフルオロメチル化と関連反応 網井秀樹 招待講演
9月  (Topへ
2nd Spain-Japan Joint Symposium for Advanced Supercapacitors, September, Malaga (Spain) (2014). New Electrochemical Capacitors Using Classic Carbon Materials S. Shiraishi 招待講演
第65回コロイドおよび界面化学討論会,東京 パーフルオロアルキル化合物のバルク物性を説明するモデルの界面化学的考察 田中悠基、下赤卓史、森田康平、園山正史、高木俊之、金森敏幸、長谷川健 2014年9月3日
DMPCアシル鎖末端へのパーフルオロアルキル基導入による膜物性への影響 森田康平、高橋浩、網井秀樹、園山正史、高木俊之、金森敏幸、長谷川健 2014年9月5日
蛍光一分子観察に基づく部分フッ素化リン脂質二重膜内 の分子拡散と温度依存性の評価 岡本吉晃、茂木俊憲、森田康平、高木俊之、金森敏幸、園山正史、手老龍吾
日本機械学会2014年次大会講演論文集,S1910101,5pages,東京電機大学東京千住キャンパス(東京都足立区),September 7-10, (2014). 「狭帯域フィルターを用いた炭化ケイ素アブレーションの放射測定」 森岡元、小西健太、小澤正裕、舩津賢人
第25回基礎有機化学討論会, 仙台, 2014年9月7日 デカシラヘキサヒドロトリキナセンの合成と性質 小山 遊、津留崎陽大 、久新荘一郎 要旨集1P072 (2014).
オクタシラキュネアンとオクタシラキュバンの間の異性化反応 楢原慎二、津留崎陽大、久新荘一郎 要旨集1P104(2014).
1,1-ジクロロ-および1,1,3-トリクロロシクロテトラシランの還元的二量化 津留崎陽大、安澤英輝、小金園 誠、今井晴菜、大塚恭平、石田真太郎、岩本武明、久新荘一郎 要旨集2B02 (2014).
アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム, 東京, 2014年9月8日  新規シリル化ピレン誘導体およびこれを導入した蛍光プローブの開発 飛田怜実、森口朋尚、篠塚和夫
廃棄物資源循環学会 第25回研究発表会, 広島, 2014年9月15-17日, 要旨集 pp.195-196 (2014). ダイコンを用いた植物修復に対する廃糖蜜由来の暗色物質の促進効果 秦野賢一、山津健司、角田欣一、窪田健二、若松馨
第50回記念熱測定討論会,大阪,要旨集 p. 69 (2014). 有機ケイ素色素による色素増感太陽電池の高効率・高耐久化 撹上健二、青山洋平、矢野 亨、大塚孝洋、京免 徹、花屋 実
第52回日本生物物理学会年会, 札幌, 2014. High Stability of Two-dimensional Crystal of Reconstituted Bacteriorhodopsin in Partially Fluorinated Phosphophatidylcholine Yoshino, M.; Takahashi, H.; Morita, K.; Takagi, T.; Amii, H.; Kanamori, T.; Sonoyama, M
Evaluation of Thermodynamic Property of Partially Fluorinated Phospholipid in Supported Lipid Bilayer Based on Single Molecule Tracking Okamoto, Y.; Motegi, T.; Morita, K.; Takagi, T.; Kanamori, T.; Sonoyama, M.; Tero, R.,
第75回応用物理学会秋季学術講演会, 札幌, 2014年9月17日 (2014). 高エネルギー重イオン照射により形成されたダイヤモンド中のイオン飛跡の検出 春山 盛善、小野田 忍、磯谷 順一、加田 渉、花泉 修、大島 武
アルファ粒子誘起過渡電荷を用いた4H-SiCショットキーバリアダイオード中の欠陥準位評価 神林 佑哉、小野田 忍、岩本 直也、加田 渉、牧野 高紘、星乃 紀博、土田 秀一、大島 武、神谷 富裕、花泉 修
超薄窓型単結晶ダイヤモンド荷電粒子検出器の開発 加田 渉、岩本 直也、Michal Pomorski、Veljko Grilj、Natko Skukan、牧野 高紘、Milko Jakšić、小野田 忍、大島 武、神谷 富裕、花泉 修
第75回応用物理学会秋季学術講演会, 札幌, 2014年9月18日 (2014). ダイヤモンドショットキバリアダイオードを用いた高エネルギー荷電粒子の検出 小野田 忍、神林 佑哉、加田 渉、岩本 直也、牧野 高紘、梅沢 仁、杢野 由明、鹿田 真一、花泉 修、神谷 富裕、大島 武
The 4th International Symposium on Element innovation, September, Gunma (Japan), (2014). Blue-emitting colloidal Si nanocrystals prepared by pulsed laser irradiation on porous silicon in liquid T. Nakamura and S. Adachi
第64回錯体化学討論会,2D-21,2014年9月18-20日,中央大学後楽園キャンパス(2014). Si-H結合を持つシロキシ6族金属錯体の合成,構造およびトリチル陽イオンとの反応 浦上友美、村岡貴子、上野圭司
シラノンモリブデンおよびタングステン錯体と極性分子との反応 村岡貴子、木村春彦、上野圭司
新規なSiS3型三脚型四座配位子を用いた8-10族金属錯体の合成とその性質 武田亘弘、米田 裕、小林史明、坂本祥一、海野雅史
化学工学会 第46回 秋季大会、V305, 2014年9月19日、九州大学、福岡 Pd担持TiO2含有カーボンナノファイバー触媒による直接ギ酸燃料電池 青山知弘、西尾裕貴、石飛宏和、中川紳好
ファイバー状複合触媒を用いた直接エタノール燃料電池における反応速度の解析 石飛宏和、矢島雅也、中川紳好
第8回分子科学討論会,東広島 パーフルオロアルキル基を導入したDimyristoylphosphatidylcholine二分子膜の物性・構造 森田康平、高橋浩、網井秀樹、高木俊之、金森敏幸、長谷川健、園山正史 9月22日
パーフルオロアルキル化合物のバルク物性を説明するモデルの界面化学・分光学的考察 田中悠基、下赤卓史、長谷川健、森田康平、園山正史、高木俊之、金森敏幸 9月22日
細胞内移行性を向上させたレシオ型酸素プローブ分子の開発 吉原利忠、村山沙織、飛田成史 9月22日
積分球を用いた一重項酸素の絶対発光量子収率測定 長谷部直哉、鈴木博洋、鈴木健吾、吉原利忠、堀内宏明、奥津哲夫、飛田成史 9月23日
りん光性イリジウム錯体を用いた細胞内酸素濃度計測:細胞内移行機構と局在の検討 菊地亮平、増田剛、村山沙織、吉原利忠、飛田成史 9月23日
ジピリナート類を配位子に有する長寿命イリジウム錯体を用いた細胞内酸素濃度計測 藤倉大地、小野寺研一、増田剛、吉原利忠、飛田成史 9月24日
第61回有機金属化学討論会, 2PA-27,2014年9月23-25日,九州大学病院キャンパス(2014). ガラン(ピリジル)鉄錯体とカルボン酸エステル類との反応 シティ ヌルサリハ、村岡貴子、上野圭司
アントラセンのBirch 型シリル化反応の高効率化 喜多 光、菅野研一郎、久新荘一郎 9月25日要旨集P3A-01 (2014).
オクタシラキュバンとオクタシラキュネアンの間の骨格転位 津留崎陽大、楢原慎二、秋葉勇樹、久新荘一郎 9月25日要旨集P3A-07 (2014).
第8回分子科学討論会、東広島 ケイ素・炭素混合多面体化合物のNICSに関する量子化学的研究 内山保、工藤貴子 2014年9月22日、要旨集(3P100) (2014).
かご状チタン酸化物(Ti-T12)の分子内エチレン酸化反応の理論的研究 中田茂行、駒形洋輔、工藤貴子 2014年9月23日、要旨集(2P096) (2014).
ケイ素・炭素混合アヌレンに関する理論的研究 召田温美、島暢裕、工藤貴子 2014年9月24日、要旨集(4P101) (2014).
第114回触媒討論会,広島,2014年9月25日,討論会A予稿集 (2014). 二硫化炭素を用いた硫黄ドープ酸化チタンの調製 岩本伸司、濱田明生
2014年電気化学会秋季大会, 札幌, 2014年9月28日, 要旨集, p.84 (2014). フッ化黒鉛リチウム一次電池を用いた電気化学キャパシタ(III) 白石壮志、白石晏義, 藤本宏之
第75回応用物理学会秋季学術講演会, 札幌, 9 月 (2014) 焼成酸化亜鉛マイクロ微粒子におけるランダムレーザー発振特性 薗田 翔平、中村 俊博、安達 定雄
The 6th Conference on Recent Progress in Graphene Research (RPGR2014), September, Taipei International (Taiwan), (2014) Graphene on different functionalized silicon surfaces: Raman and XPS investigation, Md. Zakir Hossain, Ariff Y. B. Zulkaffli, Maisarah B. A. Razak, poste
Oxidation of epitaxial graphene on SiC substrate: STM/STS, XPS and Raman characterization Md. Zakir Hossain, Maisarah B. A. Razak oral
10月  (Topへ
226th Meeting of The Electrochemical Society, Oct. 7, Cancun (Mexico), 2014 Analysis of Material and Charge Transfer in the Fiber Catalyst Layer for Polymer Electrode Fuel Cells H. Ishitobi, T. Yoshida, N. Nakagawa
The Fourth International Symposium on Element Innovation, Oct. 24, Gunma University (Japan), 2014 Visible-Light-Responsive Photocatalytic Activities of S-doped Titanias Prepared with Carbon Disulfide A. Hamada, S. Iwamoto
Carbon Alloy Catalysts for Cell and Organic Synthesis Naokatsu Kannari, Jun-ichi Ozaki
Preparation of Carbon Alloy Catalysts from a Humic Acid and Their Activities for Oxygen Reduction Reactions Machiko Takigami, Shin-ya Baba, Jun-ichi Ozaki
Influence of mechanical treatment on the oxygen reduction reaction activity and formation of nanoshell carbons Takuya Maie, Jun-ichi Ozaki
Annealed Seamless Activated Carbon Electrode for Electric Double Layer K. Kamiya, Y. Endo, S. Shiraishi, K. Onda, and H. Tsukada
Graphite-Fluoride Lithium Electrochemical Capacitor Y. Shiraishi, S. Shiraishi, and H. Fujimoto
An Enhanced Ethanol Electro-oxidation by Silica-carbon Composite Catalyst Support for Fuel Cells H. Ishitobi, Y. Ino, N. Nakagawa P14
Palladium nanoparticles supported on titania embedded carbon nanofiber for the direct formic acid fuel cell T. Aoyama, H. Ishitobi, N. Nakagawa P15
Power generation characteristics of a DMFC using novel PtRu/TECNF catalyst Y. Tsukagoshi, H. Ishitobi, N. Nakagawa P16
Effects of Dark Materials from Sugarcane Molasses on the Growth and Mineral Nutrition of the Brassica Family K. Hatano, T. Yamatsu, K. Tsunoda, K. Kubota, K. Wakamatsu
Improvement in Efficiency and Durability of Dye-sensitized Solar Cells by Alkoxysilyl Dyes K. Kakiage, Y. Aoyama, T. Yano, T. Otsuka, T. Kyomen, M. Unno, and M. Hanaya
Photochemical Synthesis and Photophysical Properties of Diphenylphenanthrenes M. Yamaji, Y. Hakoda and A. Horimoto
Synthesis and fluorescence property of the modified oligonucleotides containing silylated cyanopyrene derivatives Satomi Hida, Tomohisa Moriguchi, Kazuo Shinozuka,
Analysis of Membrane Properties and Structure of DMPC Analog Molecules with Different Perfluoroalkyl Chain Length K. Morita, H. Takahashi, T. Takagi, H. Amii, T. Kanamori, T. Shimoaka, T. Hasegawa, and M. Sonoyama
Photodynamic effects of silylbenzoporphyrin A. Sakai, H. Horiuchi, S. Akiyama, Y. Saito, D. Furuya, S. Itoh, T. Okutsu
Sono-activatable Photosensitizer for PDT H. Horiuchi, T. Kano, H. Uehara, T. Okutsu
Co-Immobilization of Glucose Oxidase and Cytochrome c on Carbon Black M. Matsui
Stereoselective Glycosylation Assisted by Silyl Protecting Group K. Ogiwara, S. Iwamoto, I. Matsuo
Developments of Mitochondria-Specific Oxygen Probes Based on Cationic Iridium(III) Complexes T. Yoshihara, S. Murayama, T. Kikuchi, and S. Tobita,
Development of Mach-Zehnder optical waveguide embedded in PDMS thin films by proton beam writing W. Kada, K. Miura, R. Saruya, H. Kato, A. Kubota, T. Satoh, M. Koka, Y. Ishii, T. Kamiya, H. Nishikawa, and O. Hanaizumi
Synthesis, Structures, and Reactivity of Base-Stabilized Silanone Complexes T. Muraoka and K. Ueno
Optical Properties of Silyl-Substituted Difluorocyclopropene C. Suzuki, M. Kasumi, K. Kanazawa, and Hideki Amii
Reactions of a Gallane(pyridiyl)iron Complex with Linear and Cyclic Carboxylic Esters S. Nursaliha, T. Muraoka, and K. Ueno
Stereoisomerization of Cyclic Silanols H. Endo, N. Takeda, and M. Unno
New Development of Siloxane Bond Cleavage Reaction R. Shimada, N. Takeda, and M. Unno
Stereoselective Synthesis of 9-Alkenyl-10-alkynylanthracenes via Reductive Silylation and Desilylation Sequence D. Shitara, K. Kanno, and S. Kyushin
Synthesis of an Oligosilane with a Bicyclo[2.2.2]octasilane Skeleton S. Taguchi, A. Tsurusaki, and S. Kyushin
Theoretical Study of the Oxidation Reaction of Ethylene inside Titanosilsesquioxane (Ti-POSS) S. Nakada, Y. Komagata and T. Kudo
Visible-Light-Responsive Photocatalytic Activities of S-doped Titanias Prepared with Carbon Disulfide T. Uchiyama and T. Kudo
Theoretical Study for the Si/C-mixed Annulenes A. Mesuda, N. Shima and T. Kudo
Fabrication of N-type Silicon Nanowire Using FIB for Biomolecule Detection H. Sone, E. Araya, H. Suto and S. Hosaka
Synthesis and Properties of Various Cyclophanes Bearing Disiloxane or Disilane Linkages Y. Isono, Y. Shimizu, S.-i. Kato, and Y. Nakamura
Synthesis and Reductive Oligomerization of 1,1,2,2-Tetrachlorocyclohexasilane J. Kamiyama, A. Tsurusaki, and S. Kyushin
Radiation Measurements of SiC Ablations with Narrow Band-pass Filters M. Funatsu, G. Morioka, K. Konishi, and M. Ozawa
Organic modification of epitaxial graphene on SiC substrate, Maisarah B. A. Razak, Md. Zakir Hossain
第18回ケイ素化学協会シンポジウム,那須 色素増感太陽電池のアルコキシシリル色素吸着TiO2電極に対するキャッピング処理の検討 真下 実、京免 徹、花屋 実 要旨集 p. 97 (2014)
増感色素の有機ケイ素化による高効率色素増感太陽電池の開発 撹上健二、青山洋平、矢野 亨、大塚孝洋、京免 徹、海野雅史、花屋 実 要旨集 p. 98 (2014).
色素増感太陽電池のTiO2電極へのアルコキシシリル色素のエタノール溶媒を用いた吸着法の開発 吉井一生、京免 徹、花屋 実 要旨集 p. 99 (2014).
第8回東北糖鎖研究会, 岩手, 2014年10月10日 要旨集、p. 56 (2014). Si系保護基を有するマンノース供与体を用いた4糖合成 荻原 健、石井 希実、松尾 一郎
2014年光化学討論会,札幌,2014年 光誘起ω解離機構を用いた広帯域光重合開始剤の開発 金田寛之、大島寿郎、澤田和宏、日高基彦、德永和也、鎌田賢司、山路 稔 10月11日要旨集,1P018 (2014).
C-C三重結合を有する芳香族カルボニル化合物の光誘起ω解離の研究 堀本亜美、野崎浩一、山路 稔 10月11日要旨集,1P061 (2014).
定常光およびレーザー閃光分解法によるUVサンスクリーン機能を持つ芳香族1,3-ジケトン誘導体の光脱ハロゲン過程の研究 諏訪有里枝、山路 稔 10月11日要旨集,1P069 (2014).
ミトコンドリア局在性を示すカチオン性イリジウム錯体の光物理特性および細胞内挙動 吉原利忠、村山沙織、菊池俊毅、飛田成史 10月11日
2’-アミノアセトフェノンとビフェニル誘導体を連結したUVB/UBA広帯域サンスクリーンの開発 小野澤真美、木村知代、吉原利忠、飛田成史 10月11日
細胞内における蛍光性コレステロールの発光特性に関する研究 三浦愛実、眞榮城明音、伊豆島佳奈、吉原利忠、飛田成史 10月11日
分子内エネルギー移動を利用した高輝度イリジウム錯体の合成と酸素プローブへの応用 島田源也、吉原利忠、菊池俊毅、飛田成史 10月11日
イリジウム錯体を骨格としたミトコンドリア選択的酸素プローブの開発 岡佳和、吉原利忠、飛田成史 10月11日
光縮環法を用いたアシルフェナセンの合成と光物理・光化学的性質の研究 久保田 知朗、岡本秀毅,、山路 稔 10月12日 要旨集,2P072 (2014).
光増感剤への超音波応答性の付与 堀内宏明、狩野貴行、上原宏樹、奥津哲夫 10月12日 要旨集,2P072 (2014).
The 2nd International Conference on Organometallics and Catalysis, Nara (Japan), (2014). Aromatic Perfluoroalkylation Involving Copper-Catalyzed beta-Carbon Elimination K. Komoda, N. Shimizu, and H. Amii
日本学術振興会フッ素化学第155委員会第98回研究会,小金井, 2014年10月9日 (2014). ジフルオロシクロプロパン,シクロプロペンの合成,反応と特性, 網井秀樹
第4回CSJ化学フェスタ2014, 東京, 2014年10月14日 アントラセンのBirch型シリル化反応におけるアントラセンの精製と添加物の効果 喜多 光、菅野研一郎、久新荘一郎 要旨集P2-039 (2014).
オクタシラキュネアンとオクタシラキュバンの間の異性化反応 楢原慎二、津留崎陽大、久新荘一郎 要旨集P2-036 (2014).
東京, 2014年10月16日, 要旨集P8-033 (2014). ビシクロ[2.2.2]オクタシラン骨格をもつオリゴシランの合成, 第4回CSJ化学フェスタ2014 田口 啓 、津留崎陽大、久新荘一郎
第18回ケイ素化学協会シンポジウム,那須,2014年10月17日~18日. 環状シラノールの異性化反応の検討,およびメカニズムの解明 遠藤央之、武田亘弘、海野雅史
シロキサン結合開裂反応の新規開拓 嶋田 遼、武田亘弘、海野雅史
,ヒドロシランを原料にした新規カップリング反応 林 久美子、寺下なづ菜、中島 諒,、武田亘弘、海野雅史
増感色素の有機ケイ素化による高効率色素増感太陽電池の開発 撹上健二、青山洋平、矢野 亨、大塚孝洋、京免 徹、海野 雅史、花屋 実
,環状シラノールの異性化反応の検討,およびメカニズムの解明 遠藤央之、武田亘弘、海野雅史
アントラセンのBirch型シリル化反応におけるアントラセンの精製と添加物の効果 喜多 光、菅野研一郎、久新荘一郎 10月17日, 要旨集P022 (2014).
デカシラヘキサヒドロトリキナセンの合成と性質 小山 遊、津留崎陽大、久新荘一郎 10月17日, 要旨集P032 (2014).
シクロペンタシラン縮環ヘキサシラベンズバレンのラジカルアニオンの合成, 構造, 性質 津留崎陽大、久新荘一郎 10月17日, 要旨集P050 (2014).
オクタシラキュネアンとオクタシラキュバンの間の異性化反応 楢原慎二、津留崎陽大、久新荘一郎 10月17日, 要旨集P056 (2014).
C6H6, C8H8のケイ素・炭素混合原子価異性体に関する理論的研究 工藤貴子、召田温美 2014年10月17日、要旨集、p.55 (2014).
北海道大学電子研学術講演会, 札幌, 10月 (2014). ナノシリコン材料の発光物性 中村俊博 依頼講演
第75回応用物理学会秋季学術講演会, 札幌, 10 月 (2014) 銀ナノ粒子の表面プラズモン共鳴効果による酸化亜鉛薄膜の欠陥からの可視発光の増強 肖 貴宝、中村 俊博、安達 定雄
日本機械学会第92期流体工学部門講演会USB論文集,GS30.PDF,2pages,富山大学五福キャンパス(富山県富山市),October 25-26, (2014). 「狭帯域フィルターによるケイ素系耐熱材料周りの放射測定」 舩津賢人、森岡元、小西健太、小澤正裕
第37回フッ素化学討論会, 大阪, 2014年10月30日 (2014). 含フッ素置換基を有するフタリドの合成とその応用 稲葉公則、品田瞬、仁科勇太、網井秀樹
フローマイクロリアクターを利用した含フッ素カルバニオンの効率的発生と求電子剤との反応 網井秀樹、村田啓幸、永木愛一郎、吉田潤一
11月  (Topへ
生物発光化学発光研究会第31回学術講演会,上田,2014年11日1日,(2014).  イリジウム錯体のりん光を利用した細胞・組織内酸素濃度定量法の開発 吉原利忠、飛田成史 依頼講演
Steady-state and Laser Flash Photolyses, The 8th Taiwan-Japan Bilateral Symposium on Architecture of Functional Organic Molecules, November, Fukuoka (Japan), (2014). Photophysical and Photochemical Processes of Excited Singlet and Triplet [3n]Cyclophanes (n = 2–6) Studied by Emission Measurements M. Yamaji, H. Okamoto and T. Shinmyozu
第57回自動制御連合講演会, 群馬, 2014年11月11日, 概要集, p.1459 (2014). 生体分子検出のための集束イオンビームを用いたシリコンナノワイヤバイオセンサの作製と評価 曾根逸人、チューン ホアン アン、保坂純男
第55回電池討論会、1F15、2014年11月20日、国立京都国際会館、京都 固体高分子型燃料電池のカソードにおけるナノファイバー触媒層の構築による触媒層活性の向上 石飛宏和、井田文佳、中川紳好
第55回電池討論会、2H25、2014年11月20日、国立京都国際会館、京都 PtRu/TECNF触媒を用いたDMFC発電特性 塚越陽介、石飛宏和、中川紳好
化学工学会新潟大会、P106、 2014年11月22日、新潟大学 チタニア修飾CNT担体を用いたメタノール酸化電極触媒 河津悠佑、石飛宏和、中川紳好
回転ディスク電極を用いたCNF触媒層の評価 吉田拓也、石飛宏和、中川紳好
Pd担持TiO2含有カーボンナノファイバー触媒の酸化活性 西尾裕貴、青山知弘、石飛宏和、中川紳好
The 41st International Symposium on Nucleic Acid Chemistry, November, Kitakyushu (Japan), 2014. Modified oligonucleotides containing substituted thioacetal linkages for the functionalization of backbone M. Sekine, T. Moriguchi, K. Shinozuka
Development of novel quencher free fluorescent oligoDNA probe utilizing silylated pyrene as a fluorophore J. A. Chowdhury, T. Moriguchi, K. Shinozuka
第44回結晶成長国内会議, 学習院創立百周年記念館, (2014). リゾチームを用いた微小重力下での結晶成長実験の結果と考察 中島裕策、松澤夏実、飯塚栞、堀内宏明、奥津哲夫
タンパク質を誘起するアミノ酸残基の光化学反応 杉山夏緒里、田口徹、内海麻衣子、高瀬裕太、堀内宏明、奥津哲夫
コロイド結晶の分子間力を光化学反応で制御する研究 天野友紀子、糸賀丈朗、村岡貴子、上野圭司、堀内宏明、奥津哲夫
宇宙実験への応用を目指したタンパク質の光誘起結晶化 飯塚栞、松澤夏実、中島裕策、堀内宏明、奥津哲夫
The Ninth International Symposium on the Integrated Synthesis (ISIS-9), Awaji (Japan), (2014). Decarboxylative Transformations for the Synthesis of Aromatic Compounds bearing Functionalized Difluoromethyl Groups, H. Kimura, E. Tomizawa, T. Kawamatsu, H. Amii
Vietnam Malaysia International Chemical Congress (VMICC), Hanoi (Vietnam), (2014). Generation and Synthetic Applications of Trifluoromethyl Isobenzofurans H. Amii 招待講演
Synthesis of Unsymmetrically Substituted Oligosilanes via Catalytic Partial Reduction of Dichlorooligosilanes K. Kanno 招待講演
第41回有機典型元素化学討論会,宇部,2014年11月27日~29日. 新規なPS3型三脚型四座配位子を有する11族金属錯体の合成とその触媒反応への応用 武田亘弘、富澤由紀,、土屋賢人、海野雅史
新規なSiS3型三脚型四座配位子を有するイリジウム錯体の合成と性質 小林史明、渡邊大亮、塩谷瑠奈、武田亘弘、海野雅史
水酸基を有するラダーシロキサンの合成 岩崎翔子、須藤彰子、武田亘弘、海野雅史
International Symposium by ASRLD Unit, Gunma University (Japan), November, 2014. (oral). Nanoscale pattering on material surface Md. Zakir Hossain
The 7th International Symposium on Surface Science (ISSS-7), November, Matsue, (Japan), (2014). Atomic scale characterization of oxidized epitaxial graphene on SiC substrate Md. Zakir Hossain, Maisarah B. A. Razak (oral).
Halogenation of epitaxial graphene on the Si-face of the SiC substrate, Maisarah B. A. Razak, N. B. A. Adli, Md. Zakir Hossain (poster).
12月  (Topへ
1st International Symposium of Gunma University Medical Innovation and 6th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering, Dec. 5, Kiryu (Japan), 2014 Synthesis and Nitrification of Nb-doped Titanias with Rutile Structure S. Noguchi and S. Iwamoto
Effect of TiO2 content in the support on the catalytic activity of Pd nanoparticles for acid oxidation T. Aoyama, Y. Nishio, H. Ishitobi and N. Nakagawa P055,
Quantitative Analysis of Oxygen in Living Cells and Tissues Using Iridium(III) Complexes with Cationic Substituent T. Yoshihara, M. Hosaka, K. Kishimoto, H. Akiyama, and S. Tobita
In Vivo Imaging of Oxygen Dynamics Using Iridium Complex Probe Y. Takatsuru, N. Koibuchi, T. Yoshihara, and S. Tobita
Synthesis and Properties of Radical Anion of Cyclopentasilane-Fused Hexasilabenzvalene, A. Tsurusaki and S. Kyushin
Fabrication of N-type Silicon Nanowire Using FIB for Biomolecule Detection, H. Suto, E. Araya, S. Hosaka and H. Sone
Fabrication of N-type Silicon Nanowire Using Electron Beam Lithography for Biomolecule Detection, H. Sone, Y. Sakurai, T. Izumi and S. Hosaka (関連業績)
Surface Modification of Dye-adsorbed TiO2 Electrodes for Higher Efficiency in Alkoxysilyl Dye-sensitized Solar Cells M. Mashimo, T. Kyomen, and M. Hanaya
Electroluminescence Properties of La2Ti2O7:Pr/SnO2:Sb Multilayer T. Kyomen, S. Saito, M. Hanaya, and H. Takashima
第41回炭素材料学会年会、福岡、(2014) 高性能カーボンアロイ触媒のキャラクタリゼーションとその酸素還元活性 真家 卓也、草処 彩香、市野塚 将悟、岸本 武亮、今城 靖雄、尾崎 純一
カーボンアロイ触媒の酸素吸着によるキャラクタリゼーション 草処 彩香、真家 卓也、市野塚将悟、岸本 武亮、今城 靖雄、尾崎 純一
高性能カーボンアロイ触媒の発電特性 岸本 武亮、今城 靖雄、尾崎 純一
電気化学的酸化に伴うカーボンアロイ触媒の酸素還元活性の変化 市野塚 将悟、真家 卓也、草処彩香、岸本 武亮、今城 靖雄、尾崎 純一
ナノシェル含有カーボンの酸 素還元特性に及ぼす窒素ドープの影 響 田島 実、 神成 尚克、尾崎 純一
窒素・ホウ素をドープした カーボンアロイ触媒の表面塩基特性 評価 神成 尚克 、松永 康傑 、 根岸 純平 、尾崎 純一
羊毛を原料とするカーボンア ロイ触媒の調製とその電気化学的水素生成反応活性 瀧上 眞知子、尾崎 純一
ナノシェル含有カーボン担持 Ni触 媒 の 脱 水 素 反 応 活 性 長谷川 聖弥、神成 尚克、尾崎 純一
末端基の構造が異なるポリ カルボジイミドから調製した多孔性 炭素材料とその水素吸着特性 鯨井 宏尚、小林 摂郎、小林 里江子、大須賀 紀子、今城 靖雄、尾崎 純一
フラーレン抽出残渣の酸素共 存下熱処理による球状ナノ積層構造 の形成 高栖 光司、神成 尚克、尾崎 純一
平成26年度 日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会, 桐生, 2014年12月4日 熱処理シームレス活性炭電極を用いた気二重層キャパタ 神谷研、遠藤有希子、白石壮志, 、塚田豪彦 要旨集, p.33 (2014).
電気二重層キャパシタの高電圧充電時のガス発生に伴うセル内圧力変化 相澤和成、白石壮志 要旨集, p.34 (2014).
リチウムアセチリドによる脱フッ素化反応を利用した新規炭素材料の合成の試み 小澤翔大、白石壮志 要旨集, p.55 (2014).
第41回炭素材料学会年会, マクロ孔性樹脂ブロックから調製したキャパシタ用高密度シームレス活性炭電極(II) 白石壮志、遠藤有希子、神谷研、恩田公康、塚田豪彦 大野城, 2014年12月9日, 要旨集, p.136 (2014).
カーボンブラックに固定化したグルコースオキシダーゼの活性に対するシトクロムcの添加効果 松井雅義 福岡, 2014年12月10日 要旨集、p. 211 (2014).
日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会,桐生,2014年12月12日 C-C三重結合を有する芳香族カルボニル化合物の光誘起ω解離の研究 堀本亜美、野崎浩一、山路 稔 要旨集,P-38 (2014).7
定常光およびレーザー閃光分解法によるUVサンスクリーン機能を持つ芳香族1,3-ジケトン誘導体の光脱ハロゲン過程の研究 諏訪有里枝、山路 稔 要旨集,P-89 (2014).
GUMI&AMDE 2014, December, Kiryu (Japan), 2014. Development of modified oligonucleotides containing benzophenone moiety on non-ribose acyclic scaffold D. Motegi, T. Moriguchi, K. Shinozuka
Sono-activatable Photosensitizer for Photodynamic Therapy, H. Horiuchi, T. Kano, S. Torii, H. Uehara, T. Okutsu
The Sixth International Conference on Advanced Micro-Device Engineering, December, Kiryu (Japan), (2014). Fabrication of Mach-Zehnder optical waveguide structures in PDMS thin films using proton beam writing K. Kano, R. Saruya, S. Kawabata, J. Araki, K. Noguchi, W. Kada, K. Miura, H. Kato, T. Satoh, M. Koka, Y. Ishii, T. Kamiya, H. Nishikawa, and O. Hanaizumi
Photoluminescence Properties of Ag-doped Ta2O5 Sputtered Thin Films Y. Yokota, R. Fujii, K. Shimada, K. Noguchi, W. Kada, K. Miura and O. Hanaizumi
Japan/Russian Conference on Fluorine Chemistry and Friends 2014, Nagoya (Japan), (2014). New Strategies for Aromatic Fluoroalkylation H. Amii 招待講演
Silicon-Containing Polymers and Composites, December, San Diego (USA), (2014). Cyclic Silanols as New Building Blocks M. Unno, H. Endo, C. Kuramochi, and N. Takeda
平成26年度日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会,2014年12月12日,群馬大学桐生キャンパス(2014). コロイド結晶の分子間力を光化学反応で制御する研究 天野友紀子、糸賀丈朗、村岡貴子、上野圭司、堀内宏明、奥津哲夫
タンパク質の結晶化を誘起するアミノ酸残基の光化学反応 杉山夏緒里、田口徹、内海麻衣子、高瀬裕太、堀内宏明、奥津哲夫
リゾチームを用いた微小重力下での結晶成長実験の結果と考察 中島裕策、松澤夏実、飯塚栞、堀内宏明、奥津哲夫
光線力学療法における超音波照射を用いた光増感剤のON/OFF制御 樋口みなみ、堀内宏明、狩野貴行、上原宏樹、奥津哲夫
光増感剤の酸応答性に及ぼすアミノ置換数の効果 平原阿槻、堀内宏明、栗原亮太、奥津哲夫
シロキシ6族金属錯体の合成,構造,およびトリチル陽イオンとの反応, 浦上友美、村岡貴子、上野圭司 P-09
シラノンモリブデンおよびタングステン錯体と極性分子との反応 ガマ トリガゲマ、村岡貴子、上野圭司 P-10
ピリジン配位子を持つガリル鉄錯体の合成,構造,反応性 シティ ヌルサリハ、村岡貴子、上野圭司 P-83
新規なPS3型三脚型四座配位子を有するルテニウム錯体を用いた触媒的酸化反応 三丸 涼、植草奈津子、武田亘弘、海野雅史
新しい置換基を有する三環式ラダーシロキサンの合成 岩崎翔子、須藤彰子、武田亘弘、海野雅史
新規ケイ素置換シロキサンの合成研究 新井達彦、武田亘弘、海野雅史
新規なSiS3型三脚型四座配位子を有するイリジウム錯体の合成と性質 小林史明、渡邊大亮,塩谷瑠奈、武田亘弘,、海野雅史,
環状シラノールの異性化反応の詳細 遠藤央之、武田亘弘、海野雅史
ルイス酸を用いたシロキサンカップリング合成反応 林 久美子、寺下なづ菜、中島 諒、武田亘弘、海野雅史
シロキサン結合開裂反応によるアルコキシシランの合成 嶋田 遼、武田亘弘、海野雅史
PS3型三脚型四座配位子を有するパラジウム錯体の合成と反応 大間 倫、小暮祐輝、榊原史顕、田中雄介、武田亘弘,、海野雅史
デカシラヘキサヒドロトリキナセンの合成と性質 小山 遊、津留崎陽大、久新荘一郎 要旨集P11 (2014).
ケイ素・炭素混合多面体化合物のNICSに関する量子化学的研究 内山保、工藤貴子 要旨集p.13 (2014).
アントラセンのBirch型シリル化反応におけるアントラセンの精製と添加物の効果 喜多 光、菅野研一郎、久新荘一郎 要旨集P72 (2014).
オクタシラキュネアンとオクタシラキュバンの間の異性化反応 楢原慎二、津留崎陽大、久新荘一郎 要旨集P73 (2014).
かご状チタン酸化物(Ti-T12)の分子内エチレン酸化反応の理論的研究 中田茂行、駒形洋輔、工藤貴子 要旨集p86 (2014).
第19回有機フッ素化学セミナー(岡山),岡山, 2014年12月13日 (2014). 急進展する芳香族フルオロアルキル化反応 網井秀樹 招待講演
平成26年度宇宙航行の力学シンポジウム,宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(神奈川県相模原市),December 18-19, (2014). 「プラズマジェット中のケイ素系耐熱材料周りの放射測定-狭帯域フィルターを用いた温度推定-」 戸叶和宏、森岡元、レホアンラム、舩津賢人
International Conference on Material Chemistry (ICMC-2014), December, Sylhet (Bangladesh), (2014). Covalent modification of epitaxial graphene on SiC substrate Md. Zakir Hossain (invited).
1月  (Topへ
新学術領域研究「分子活性化」第8回公開シンポジウム,豊中, 2015年1月23日 (2015). 炭素—炭素結合切断による有機フッ素化合物の選択的合成 網井秀樹
平成26年度航空宇宙空力シンポジウム,2L4舩津.pdf,2pages, 皆生グランドホテル天水(鳥取県米子市),January 23-24, (2015). 狭帯域フィルターを用いたケイ素系耐熱材料周りの放射測定 舩津賢人、森岡元、戸叶和宏
3月  (Topへ
電気化学会第82回大会、横浜、(2015) 湾曲した炭素網面を有するカーボンアロイ触媒の調製とその発電特性 真家 卓也、市野塚 将悟、草処 彩香、岸本 武亮、今城 靖雄、尾崎 純一
日本化学会第95春季年会,2015年3月26-29日,日本大学理工学部船橋キャンパス(2015). シリル化ペリレンとナイルレッドのFRETを利用した新規蛍光プローブの開発 成谷友紀乃、山田圭一、奥 浩之、森口朋尚、篠塚和夫 3月26日
パーフルオロアルキル化合物のバルク物性を説明するSDAモデルの表面電位測定による検証 田中悠基、下赤卓史、森田康平、園山正史、高木俊之、金森敏幸、長谷川健 3月26日
リチウムアルコキシトリス(ジメチルフェニルシリル)ボラートの合成と構造 吉田圭佑、津留崎陽大、久新荘一郎 3月26日, 要旨集1F4-10 (2015).
遷移金属触媒を用いたヒドロオリゴシランの官能基化反応 相川友美、菅野研一郎、久新荘一郎 3月26日, 要旨集1F4-24 (2015).
デカシラヘキサヒドロトリキナセンの合成と性質 小山 遊、津留崎陽大、久新荘一郎 3月26日, 要旨集1F4-26 (2015).
Synthesis and Properties of Tetrasilane-Bridged Bicyclo[4.1.0]heptasil-1(6)-ene A. Tsurusaki, J. Kamiyama, and S. Kyushin 3月26日, 要旨集1F4-27 (2015).
オクタシラキュネアンからオクタシラキュバンへの熱異性化反応における中間体の捕捉 楢原慎二、津留崎陽大、久新荘一郎 3月26日, 要旨集1F4-31 (2015).
1,1-ジクロロシクロペンタシランの合成 小林篤史、津留崎陽大、久新荘一郎 3月26日, 要旨集1F4-40 (2015).
カチオン性イリジウム錯体のりん光寿命測定による細胞内酸素レベル計測 吉原利忠、増田剛、森勝伸、板橋英之、飛田成史 3月27日
脱プロトン化によるフルオロアルキルカルボアニオンの発生と反応 北原拓、杉石露佳、網井秀樹 3月27日
触媒的芳香族ペルフルオロアルキル化におけるオルト位置換基の影響 小茂田和希、清水直人、芹澤宏希、相川光介、三上幸一、網井秀樹 3月27日
フローマイクロリアクターを用いた芳香族求核置換反応の制御 高野綾、村田啓幸、網井秀樹 3月27日
多環式芳香族化合物を用いた還元的シリル化反応の活性化 喜多 光、菅野研一郎、久新荘一郎 3月27日, 要旨集2G2-33 (2015).
C5位トリスアミン修飾2’-OMeウリジンを含むDNAの性質と遺伝子発現制御 小堀政一郎、山田圭一、奥 浩之、森口朋尚、篠塚和夫 3月28日
C-5位にグアニジノ基をもったデオキシウリジンを含む新規修飾DNAの開発 堀口結加、山田圭一、奥 浩之、森口朋尚、篠塚和夫 3月28日
ジチオアセタール結合をもつ修飾DNAの合成と性質 関根満明、森口朋尚、篠塚和夫 3月28日
ジフェニルホスフィノガリル鉄錯体の合成と光化学反応 村岡貴子、山田竜也、上野圭司 要旨集1F3-44
第61回応用物理学会春季学術講演会, 3 月 (2014) 液中レーザーアブレーションによる赤色発光K2SiF2:Mn4+蛍光体の微粒子化, 袁 澤、中村 俊博、安達 定雄
平成26年度衝撃波シンポジウム,ホテル天坊(群馬県渋川市),March 9-11, (2015). 空気プラズマフリージェット中のケイ素系耐熱材料周りの放射測定 森岡元、戸叶和宏、舩津賢人 3pages
空気プラズマフリージェット中のケイ素系耐熱材料の観察 戸叶和宏、森岡元、舩津賢人 2pages
窒素プラズマフリージェットの放射計測 凌楊、森岡元、舩津賢人 2pages