ニュース (2015/10/23 掲載)



花屋 実教授の有機ケイ素色素を用いた色素増感太陽電池に関する論文がChemical Communications.誌に掲載され、表紙を飾りました。

論文:Highly-efficient dye-sensitized solar cells with collaborative sensitization by silyl-anchor and carboxy-anchor dyes

Chemical Communications, 2015, 51, 15894 - 15897, Kenji Kakiage,Yohei Aoyama,Toru Yano,Keiji Oya,Jun-ichi Fujisawa and Minoru Hanaya

本論文では、色素増感太陽電池において光電変換効率14.3%(2015.10.23現在、世界最高)を達成したことについて報告しています。


詳細は下記をご覧ください。

Chemical Communicationsのホームページ
http://pubs.rsc.org/en/journals/journalissues/cc?e=1#!issueid=cc051088&type=current&issnprint=1359-7345


 トップに戻る