準備中! 現在、受験生情報に飛びます!
TOPニュース[トップ] > ニュース[第1回エレメント・イノベーション国際シンポジウム 開催報告]
◇ 第1回エレメント・イノベーション国際シンポジウム 開催報告 ◇
 本シンポジウムは平成23年12月9日(金)に桐生市市民文化会館・4階スカイホールにて開催致しました。本事業の関係者、企業や教育機関の方々を含む100名の方に参加いただきました。
 高田邦昭群馬大学学長の開会のご挨拶に続き、篠塚和夫エレメント・イノベーション推進室長からプロジェクトの概要説明の後、外国人研究者5名の方から炭素及びケイ素科学に関する研究動向や最新の研究成果について講演をしていただきました。


【招待講演1】 中国・浙江大学Li Wang教授
「Ferrocenyl Coordination Polymer Microspheres for Hydrogen Storage」
【招待講演2】 フランスモンペリエ国立化学大学院 Michel Wong Chi Man教授
「New Functional Hybrid Organic‐Inorganic Silicas」
【招待講演3】 韓国 全南大学校 Sung June Cho教授
「Alternative Hydrogen Storage for Clean Energy Technology: Conducting Polymer and Hydrazine Hydrate」
【招待講演4】 韓国 延世大学 Myong Euy Lee教授
「Introduction of Research & Education Center for Advanced Silicon Materials」
【招待講演5】 九州大学 先導物質化学研究所 Seong Ho Yoon教授
「Fabrication of Meso‐channeled Fibrous Nano‐carbons Using CNF as an Effective Precursor」


 本プロジェクトメンバーによる研究成果報告として、工学研究科の上野圭司教授から「Synthesis, Structure, and Reactivity of Base‐Stabilized Silanone Complexes」、白石壮志准教授から「Electric Double Layer Capacitor Using Nitrogen-doped Activated Carbon Electrode」と題する発表がありました。

 また、本プロジェクトに係る研究グループからは、研究に参加している大学院生を含めて英語による33件のショートプレゼンテーション並びにポスター発表がありました。
 上記の講演会並びにポスター発表では活発な討論が行われ、特にポスター発表を担当した学生諸君は招待講演者の外国人研究者からの質問にも一生懸命に対応し、発表者と聞き手による密度の濃い交流が見られました。さらに、シンポジウム終了後の情報交換会の場では、名刺交換や意見交換を含めた交流が行われ、非常に有意義なシンポジウムになりました。
 ご参加いただいた学内外の方々には改めて御礼申し上げます。

学長開会の挨拶 講演の様子1
講演の様子2 講演の様子3
講演の様子4 ポスター発表
昼食会
Copyright (C) Faculty of Engineering, Gunma University. All Rights Reserved.