準備中! 現在、受験生情報に飛びます!
TOPプロジェクト
プロジェクト名 プロジェクトの趣旨
まずは、文部省のページへ!学内は、準備中!  将来、科学技術分野での活躍が期待される学生の能力を創発するための ”工学系フロンティアリーダーコース(FLC)” を設置します。従来の学力試験や推薦入試に加えて、理数系に特に優れた資質や意欲のある学生を入学させる理数学生特別選抜を高校教員と連携して実施します。海外から教員と学生を招聘し、FLC学生と交流を行う「グローバル交流セミナー」、連携企業を訪問して本学を卒業した研究員と交流する「企業訪問&先輩ゼミ」を実施します。また、研究テーマへの理解や取り組み姿勢を養う先端研究参加プログラムなどの課外プログラムにより、工学を幅広い視野で捉える力や研究への主体的な姿勢を養い、早期に研究室配属します。さらに大学院への飛び推薦入学制度の配置等により、早期に大学院に進学できるようにします。
 本プロジェクトは、北関東地域内の自動車・電機産業で需要が高く、本研究科で研究実績が豊富なナノテク分野を対象に企業が真に求める高度技術者を育成する派遣型インターンシップを行う。企業・学生・指導教官に周辺分野の知識・技術を事前教育で施し、高い専門性と広い視野を持ち合わせた高度な技術者となる博士課程学生を育成する。
 日本技術者教育認定機構(JABEE) は、大学などの高等教育機関で実施されている技術者教育プログラムが、社会の要求水準を満たしているかどうか、審査・認定を行っている機関です。
 アジア人財プロジェクトとは、アジアの相互理解と経済連携の促進に向け、経済産業省と文部科学省が、平成19年から実施している「アジア人財資金構想」に採択された本学のプログラムです。
 優秀な留学生の日本への招聘、日系企業での活躍の機会を拡大するため、産業界と大学が一体となり、留学生の募集・選抜から専門教育・日本語教育、就職活動支援までの人材育成プログラムを一貫して行います。
 日本とアジアの架け橋となる優秀な人材の受入・交流を拡大し、アジア大での人材育成、我が国大学・企業のグローバル化に貢献します。
 その優れた知性と能力をアジアの未来のために活かす。これが「アジア人財資金構想」の目標です。
会社に専門家を育てましょう!  これは、平成20年度「専門職大学院等における高度専門職業人養成教育推進プログラム」の「産学人材育成パートナーシッププログラム」に採択された本学と、前橋工科大学、足利工業大学のパートナーシップで単位交換などを行い「共同研究型ものづくりリーダー育成」を目指すプロジェクトです。
地域力でCO2を減らそう!  本プロジェクトは、多くの産業遺産群と豊かな森林や水資源を有する群馬県桐生市の特徴を生かして、CO排出を大幅に減らしつつ自然と共生し豊かさを実感できる街づくりを目指します。
 地元産木材を用いた町並整備、野菜・花マットによる都市農園化、公共交通や自転車利用によるエコ観光、環境負荷低減技術の見本市開催などを体系化した社会実験を産学官民の協働によって行い、世界に先駆けて活力ある未来型都市モデルを提案します。
地域力でCO2を減らそう!  大学等が有する個性・特色を活かし、将来的な地域産業の活性化や地域の社会ニーズの解決に向け、地元で活躍し、地域の活性化に貢献し得る人材の育成を行うため、地域の大学等(又は地域の大学等のネットワーク)が地元の自治体との連携により、科学技術を活用して地域に貢献する優秀な人材を輩出する「地域の知の拠点」を形成し、地方分散型の多様な人材を創出するシステムを構築します。
Copyright (C) Faculty of Engineering, Gunma University. All Rights Reserved.